Select Language : English 日本語 Português

南北アメリカ

ブラジル: English / 日本語 / Português do Brasil
アメリカ: English

ヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)

EMEA:
(ベルギー, フランス, ドイツ, オランダ, スペイン, アラブ首長国連邦, イギリス)
English / 日本語 / Español / Deutsch / Français
ロシア: English / 日本語 / русский

アジアパシフィック

日本(法人のお客さま): English / 日本語
日本(個人のお客さま): English / 日本語
オーストラリア(NTT Com ICT Solutions): English
中国本土: English / 日本語 / 簡體中文
香港/マカオ: English / 日本語 / 繁体中文 / 簡體中文
インド: English / 日本語
インドネシア: English
韓国: English / 日本語 / 한국어
マレーシア: English
フィリピン(DTSI): English
シンガポール: English / 日本語
台湾: English / 日本語 / 繁体中文
タイ: English / 日本語
ベトナム: English / 日本語

クラウドコンピューティングでビッグデータの価値を最大限に引き出す

2013年7月30日
初出:CBR Online(cbronline.com)

優れた柔軟性、可用性、および変化に対する応答性は需要として求められるものですが、しばしばコスト管理の問題と相対することとなります。今日のITリーダーは、それらのバランスを上手にとらなくてはなりません。そのため、クラウドコンピューティングやビッグデータの価値を理解するといった動向や技術がより一層広まっているのです。

クラウドはIT業界のメジャーな流行語になっていますが、ビッグデータも負けてはいません。膨大な量の情報を蓄積、検索、そして使用することで、より優れた意思決定が可能となり、顧客サービスを向上させ、競合他社の優位に立てるかもしれない。そんな見込みが、あらゆる規模の企業にとってビッグデータ戦略を実装する大きな動機となっているのです。IDCの予測によると、ビッグデータ市場は、2016年までに31%を超える年平均成長率で拡大することが見込まれています。このような状況において、ビッグデータの真の潜在力を引き出すには、まずクラウド戦略の実装が必要であるということを企業は理解するべきです。

では、クラウド戦略とビッグデータはどのように連携するのでしょうか。まず言えるのは、新しいコンピューティングモデルがより一層ビッグデータインフラの鍵として見られるようになっているということです。急速に増加するデータセットを管理し、そのすべてを具体的かつ洞察力に富んだ情報へと処理する計算能力を支えるため、クラウドコンピューティングは、新たなプラットフォームを企業に提供できます。クラウドはデータの保存方法に多大な価値を与えることができ、ガートナーは、わずか4年間で全コンテンツの3分の1がクラウドに保存されると予測しています。高度な計算能力のシステムは運用に多大なコストがかかるため、クラウドコンピューティングへのアクセスができなければ、データ分析は多くの企業にとって非現実的なものとなってしまいます。クラウドコンピューティングとビッグデータの併用で、事業の革新に役立つ強力な価値と洞察力を生み出すことができるのです。このビッグデータとクラウドへの共生的なアプローチは、企業が自社の領域で機運をつかみ、競合に対し優位に立つことを約束する1つの手段と言えます。

ビッグデータは、企業にITへの投資を促し、ビジネスにおけるクラウドのメリットを気付かせる重要な要因となっています。ビッグデータの知能を活用し、それに沿って行動をする企業は、市場競争において大きく優位に立つことが期待できるでしょう。また、ビッグデータが企業に与えてくれる情報は、業務の革新や改善を促進する可能性を秘めています。こうした情報に基づいてアクションを起こせられなければ、機会を逃しかねません。

このページのトップへ